FC2ブログ
プロフィール

まーほぃ

Author:まーほぃ
社会人1年生の22歳れす。
毎日を一生懸命生きてます。笑
家族・友達・そして今でも学校大好き!!!!です。笑

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

11 | 2018/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
メタリック
本を奨めて頂いたのでその感想。
というかウチの考え。
です。まーほぃ。


■小説
小説は読み物だと思う。論文や評論、ルポルタージュとは違う。
それは物語だということ。
内容の悲喜劇関係なく激情無情拘りなく、娯楽になってしまうという事。
真実事実事情が含まれていようとそれが《小説》という形態を取るのであればそれはフィクションとして扱われる。
それが《娯楽》になるのであれば、ウチは褒め言葉として『面白い』を使う。
知的好奇心、感動、感慨関係なく。心を動かされたならそれは面白いんだョ。
作者が嫌いだろうが後味悪かろうが、心を動かす小説はウチにとって《面白い》。
逆に評判が良かろうが作者が好きだろうがそれがないなら面白くない。

という考えなのですが。
奨めて頂いた小説は面白かったです。

■感じたこと
差別はなくならない。
人間が最初に属するコミュニティは家族で、子どもはその家庭の思想に浸って生活する。
物心ついて物の道理が分かっても、根底には家庭内の理がある。
三つ子の魂百まで。
家庭内の仲が良いとそれは強い気がする。わざわざ否定しないョね。
何でかというと普段は関係ない事だから。そんな事で荒立てようとは思わないだろうし。
何となく納得して、何となく受け入れて。これが一番怖いことだ。
自分で考えないのは怖いョ。何となくで信じてるから、根拠の柱がないから、すぐに揺れる癖に固執したがる。
部落差別がまだあるし、それを当たり前の様に使う人間もいるし、人種差別を当然のように吐く大人もいる。
歴史も知らないと理由も考えないと、ただ何となくでそんな事をする。
何故なら、そぅ教えられたから。
そして、そんな人が多いから、差別はなくならない。
日本の中の少ししか知らないから断言は出来ないケド。
でも、教わったって、歴史なんて勝者しか残せないし。
正義が勝つんじゃなく、勝ったから正義になった。そういう事。
人の血は何処までいこうとそんなに変わんない。
情報が入ってて、酸素やら何やら運んで、それだけ。
頭の中味だって変わらないと思う。要は環境や文化の違いだ。

頭で知っていても心で理解してないと発生するし
考える事を放棄していると尚更しやすい。
あとは、苦手意識からそんなつもりがなくとも
相手にそう取られたり。

ウチは人種国籍階級性別での差別はないけど、それ以外のモノで差別してしまうし。

気持ちの中の敷居から差別は発生すると思うんだけど
その敷居がないと、ガード下げてる事になる。
有りのまま受け入れるのと、丸っと飲み込むのは違う。

何か言いたい事が分かんなくなってきたから、そんな感じ。
スポンサーサイト
【2009/04/05 07:49】 | 想うこと。 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<一卵性恋人 | ホーム | >>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://bokunooyatyu.blog82.fc2.com/tb.php/52-52f36d3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。